現地報告
現地報告
投稿者 高野弘幸
作成日 2017-10-16 (月) 17:35
ㆍ照会: 143  
ミンダナオ子ども図書館メールだより



(ミンダナオ子ども図書館は、読み聞かせを中心に、スカラシップ、医療、保育所建設、植林を行っている現地NGO・特定非営利法人です。)

   **************************

 

 

帰ったとたん、子どもたちが歓迎してくれた

以下の記事は、2010年の「ミンダナオ子ども図書館だより」からのものです。元のサイトには、以下をクリックして入ったら読めますよ。

http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mindanews2010-1.htm

***********************

新しく今年からMCLに住む子たち。特に小さな子たちが多い。父親や母親、両親がいなくなって、村や親戚に取り残された子たち

こう書くと、重苦しい施設のような感じがするけれども、MCLは本当に開放的で、閉ざされた施設という雰囲気はない。

なぜだろうかとよく考えるし、訪問者からも質問される・・・

考えられる理由の一つは、多様性だろう。

ここにいる子たちは、それぞれが厳しい状況から来ている子たちに違いないのだけれども

孤児だけが集まっているわけでもなく、親のいる子でも、学校が遠い子、極貧で親が養いきれない子

宗教も部族も実に多様だ。

それに、彼らの目的は、学校に行き、ここから社会に巣立っていく事だから、収容されていると言う感じがない。

周囲に、塀もない。実に温かいコミュニティーが生きている。

最近よく思うのだが、

個人も大切だし、それを統合するような全体も大切なのだが、

それだけでは、個人主義か全体主義かと言う事になる。

本来は、個人と全体の間にある見えざる空間が存在し、それがコミュニティーと呼ばれるものだと思う。

祈りで考えると、人と神(唯一の創造神)の間に、愛というコミュニケーションが存在するようなもので、

その見えざる中間の存在は、「見えない」ゆえに、最も意識されにくいものなのだろう。

これは、この世の世界にも当てはまることで

人と自然だけではだめで、その中間に、「見えない」関係が宿り、それを太古から人は精霊と呼んだ。

ミンダナオの人々が、愛を維持していけるメンタリティーを持ち続けているのは、

クリスチャンもイスラムも、マノボ族のような先住民族につながる精霊の感覚を持っているからだと感じるときがある。

精霊は、神と人の関係では、聖霊になる。

カトリックで良かったとふと思うときがある。それは、父と子と聖霊が一つの愛に統合される世界観を感じるときだ。

MCLは、もちろんカトリック教徒は逆に少数派なのだが、カトリックの意味を普遍的ととらえるならば、

MCLは普遍的であるが故に、おおらかで、のびのびとしている?

http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mindanews2010-1.htm

 

いつか、子供たちに会いにいらしてくださいね。

松居友

 

 

  

 

     ***********************

1,ミンダナオ子ども図書館だより(2006年より、MCLの活動、子供たちの様子を随時掲載しています。支援方法等もわかります。)

http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mindanews.htm

2,ミンダナオ子ども図書館:日記(松居友が執筆。講演会の日程なども掲載)

http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mindanewsdaiary.html

3,ミンダナオ子ども図書館 日本事務局 MCLジャパン

https://mcl-japan.jimdo.com/

4,ミンダナオ子ども図書館:日本のオフィシャルFacebook日本語版

https://www.facebook.com/mclofficialjapan/

5,ミンダナオ子ども図書館:本部Facebook英語版

https://www.facebook.com/MindanaoChildrensLibraryFoundationInc/?fref=ts

6,松居友のフェイスブック

https://www.facebook.com/profile.php?id=100007513418343

7,MCL文庫

http://www.edit.ne.jp/~mindanao/mclbunko.html

 

現地スタッフの宮木あずささんメール:mclmindanao@gmail.com (訪問希望や支援に関する質問は、こちらへ!)

松居友へのメール:mcltomo@gmail.com (講演会などの依頼は、こちらへ!)

 

    ***************************

番号     タイトル  投稿者 作成日 照会
412 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-02-18 4
411 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-02-17 4
410 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-02-12 13
409 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-02-10 6
408 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-02-09 3
407 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-02-03 35
406 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-02-02 6
405 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-01-28 27
404 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-01-27 9
403 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-01-14 50
402 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-01-12 26
401 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2018-01-08 30
400 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-12-31 52
399 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-12-30 20
398 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-12-28 39
397 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-12-08 152
396 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-12-06 92
395 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-12-02 64
394 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-12-01 75
393 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-11-25 120
392 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-11-25 60
391 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-11-18 141
390 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-11-15 86
389 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-11-03 158
388 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-10-30 109
387 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-10-20 209
386 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-10-19 114
385 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-10-16 143
384 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-10-14 123
383 ミンダナオ子ども図書館メールだより 高野弘幸 2017-10-12 126
12345678910,,,14
 
     
  〒659-0012 兵庫県芦屋市朝日ヶ丘町 10-35-504
TEL:090-3945-3373 / FAX:0797-38-6868
Copyright(c)2013 レホボト・ジャパン All rights reserved.