ピクチャ 2

世界的な神学者、ニコラス・トーマス・ライト氏の著作の翻訳が今年、来年にかけて日本で相次ぐ。ライト氏の著作の魅力とは何か?

ライト氏講演を実際に聴講し、著作への理解も深い、岩上敬人氏(イムマヌエル狭山キリスト教会牧師、イムマヌエル聖宣神学院教師)が、新刊『クリスチャンであるとは』の書評とともに、ライト氏の業績、位置、著作の意義を解説する。7月19日号にて。

『クリスチャンであるとは−N.T.ライトによるキリスト教入門』N.T.ライト著、上  沼  昌  雄  訳、あめんどう、2千700円、四六判

▽週刊クリスチャン新聞電子版も配信(毎号発行日前々週の金曜日)します▽

ウェブ版

電子紙面版

  • ウェブ版ではテキストベースで閲覧ができます。紙面版では紙面にレイアウトされたスタイルで閲覧できます。
  • ウェブ版では見出しとともに、一部の記事を無料で閲覧できます。紙面版には、一部の記事を閲覧できる「無料版」、すべての記事を閲覧できる「有料版」があります。

有料版では紙面版、ウェブ版、オンラインHP (速報なども含む)のすべての記事の閲覧、情報ブックの利用ができます。