掲示板 (ご自由に投稿)
掲示板
投稿者 高野弘幸
作成日 2017-10-12 (木) 17:20
ㆍ照会: 8  
みやぎ憲法九条の会3

(11)ⓐここで与野党9党首の参院選挙に向けた第一声の要約を記すことにする(623日河北新報)。


1)自民 安倍晋三氏。 私はどうしても第一声を熊本から発しようと思った。復旧に向かって、頑張っている熊本を少しでも励ますことができればと思った。一日も早い復興を目指していく。6千人の方々が困難な生活を強いられている。全力を傾け、震災前の笑顔を取り戻す。熊本城の威厳を取り戻す日がやってくるまで全力を尽くす。

 選挙の最大テーマは経済政策だ。野党は口を開けば批判している。全国各地で(有効求人倍率の)1倍超をつくり出すことができた。賃金も上がっている。今世紀に入り最高水準の賃金だ。民主党政権時代は10万人の雇用が減った。アベノミクスを力強く前に進めていく。

経済政策を力強く前に進めていくか、暗く低迷した時代に逆戻りするかを決める選挙だ。

2)民進 岡田克也氏。まず3分の2を取らせない。安倍晋三首相は日本国憲法の平和主義を「侵略戦争をしないことだ」と言う。驚くべき答えだ。海外で武力行使しないのが憲法の平和主義ではないのか。首相が勝手に変えていいのか。ここで参院3分の2議席確保を許せば、必ず憲法を、9条を変えてくる。集団的自衛権行使の限定をなくし、日米は血の同盟になる。こういう道に踏み込ませてはならない。

 首相は「アベノミクスのエンジンを吹かす」と言うが、既に限界にぶち当っている。しっかりした分配と成長を両立させることこそ、本当の経済政策だ。経済をでかくすればいいというアベノミクスは邪道だ。

 与党が改選議席の過半数を目指すというなら、それを打ち砕くのが目標。簡単ではないが不可能ではない。(甲府市)

3)公明 山口那津男氏 3年前の参院選で「安定が希望だ」と訴えて衆参両院のねじれを解消し、政治を安定させることができた。経済再生、デフレ脱却に向け、着実に結果を出してきた。安定の自公政権が大事だ。混乱の「民共」に任せられないということがはっきりしてきた。 大切なのは、まだアベノミクスの効果が及んでいない人に、税収が増えてきた結果をきちんと分けていくことだ。野党は中身のある、説得力のある経済政策を何も出していない。成長と分配の好ましい循環をつくり出していく。これが、公明党が進める日本の道だ。思い出してほしい。かつて民主党政権ができたが、経済は無策だった。議論ばかりしていて決められない政治は真っ平ごめんだ。公明党が連立政権にいることが大事だ。(さいたま市)。 

4)共産 志位和夫氏 日本の命運が懸かった歴史的な選挙が始まった。安倍政権が憲法違反の戦争法を強行するという危険な動きが起こった。しかし、これに反対する市民運動が沸き起こり、野党共闘が前進したのは、日本の未来にとって大きな希望だ。全国32の改選1人区で野党統一候補が実現した。戦後かつてない画期的な選挙だ。政治を変える絶好のチャンスが到来した。4野党が結束し、全1人区で勝利を勝ち取る。

 安倍晋三首相は野党共闘に危機感を募らせ、毎日のように攻撃して来る。自民、公明両党から野合などと言われたくない。4野党が安全保障関連法を廃止し、立憲主義を取り戻すと結束している。憲法を守り、まっとうな政治を取り戻す。野党共闘は野合どころか、日本に民主政治を取り戻す希望だ。(東京・新宿)

5)おおさか維新 松井一郎氏 参院選のキーワードは一つだ。「せこい」だ。皆さんの税金を役所で使う際には、大阪では紙一枚も無駄にしない。鉛筆も短くなるまで使う。要は大阪府民、市民が納得してくれるかどうかだ。厳しくやってきた。この国の政治家による政治資金の使い方はせこい。政治資金で家族旅行なんておかしい。ルールが問題だ。大阪で実施している細かいことを全国でやれば、増税する必要はない。消費税の増税を2年半遅らせて財源をつくるというが、大阪の行政運営で、生み出せる。人件費を削り、天下りをなくした。橋下徹氏が大阪府知事になり、徹底的な改革を始めた。府幹部が社長になる天下り先があったが、なくして民営化した。次の世代につけを回すことはできない。税金の使い方を見直そう。(大阪市)

6)社民 吉田忠智氏 これからの日本の針路を左右する極めて重要な選挙だ。憲法を守らず、国民の命や暮らしを顧みない安倍政治の暴走を止める選挙だ。憲法改悪を阻止するのも大きな争点だ。

 安倍政治の対極にあるのが社民党の政策だ。六つの重点政策を掲げている。平和憲法を生かし、戦争をしない国を目指す。憲法違反の戦争法が強行された。集団的自衛権の行使はできないとの解釈を変えた。自衛隊はどんな場合でも海外に行く法律だ。憲法9条を骨抜きにするもので断じて容認できない。戦争法が最大の争点だ。

 被災地の復興も重要だ。東日本大震災や熊本地震、大雨災害なの被災者の皆さんに寄り添った復興に重点的に取り組む。アベノミクスによって破壊された国民生活を立て直す。(東京・新宿)

7)生活 小沢一郎氏 いよいよ参院選が始まった。野党4党は一致して統一候補を擁立し、信を問おうとしている。安倍晋三首相はこれからアベノミクスのエンジンを、アクセルを踏んで吹かすと言っている。しかしこれ以上吹かされては、国の将来も国民生活も危うくなる。

 当初はアベノミクスを進めれば、国も暮らしも豊かになると言っていたが、現実はどうか。景気はいつまでたっても良くならない。所得は減る一方だ。都市と農村、所得の格差は拡がっている。

 このままやりたい放題をさせては、国の未来も危ないし、国民の命と暮らしも危うくなる。野党が集まって、とりあえず首相だけは変えなくてはいけないのだとの思いだ。自民、公明両党と対決し、皆さんの力で勝利を与えていただきたい。(二戸市)

8)日本のこころ 中山恭子氏 長い年月をかけて培ってきた日本の心は素晴らしいものだが、政治の場には取り入れられていない。助け合い、信頼し合う日本の心を政治に取り入れたい。憲法には、日本の伝統や心が入っていなければならない。そうした憲法を作り上げるため、私たちの憲法草案の概要を発表した。みんなで大いに議論を進めたい。

 消費税の引き上げ関しては、昨年の早い段階から凍結を主張してきた。景気が停滞する中で引き上げてはならない。消費税を払えばポイントが積み立てられ、老後に役立つマイレージ制度の導入を提案している。

 北朝鮮拉致問題が進展していない。日本が独立国家として、国と国土を守る意思を明確に示し、国際社会の中で信頼される国を作らねばならない。(東京・銀座)

9)改革 荒井広幸氏 新党改革は提案型の政党で、原発をやめさせるただ一つの保守政党だ。安倍政権の経済政策アベノミクスを成功させる知恵と実績のある政党でもある。

 アベノミクスの成功には、ただエンジンを吹かすだけではだめだ。格差是正、地方、中小企業、家庭に目を向けてハンドルを切り、エンジンを吹かさなければならない。技術改革を進め、燃料水素電池を家庭に導入する。家庭で発電し、皆が参加しながら原発をやめる。

 安保法制は重要だ。外交や防衛に安全神話があってはならない。国を守るには備えが必要だが、自衛隊が海外に出る前に、国会が承認するという歯止めも必要だ。集団的自衛権は憲法で、ギリギリ許容される。国民の議論が定まらない中で憲法を改正するのは言語道断だ。(東京・新橋)


ⓑ 上記の一覧表で明らかになっているのは、今回の参院選の真の争点が、①改憲の是非であること、②アベノミクスの評価であること、③野党4党が、国民=人民の運動に支えられて、従来の行き掛かりを捨てて、自己主張を抑制し、小異を捨てて大同に就き、安倍政権を打倒しようとしていることである。(以下次号)

番号     タイトル  投稿者 作成日 照会
3592 特定非営利活動法人 アフリカ友の会 高野弘幸 2017-10-20
3591 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-19 24
3590 今日の聖句画像 三島浩昭 2017-10-18 9
3589 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-18 24
3588 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-17 40
3587 中2が自殺、「教師の指導や叱責でストレス」 高野弘幸 2017-10-16 56
3586 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-16 14
3585 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-15 32
3584 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-14 13
3583 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-13 16
3582 残照 高野弘幸 2017-10-12 10
3581 みやぎ憲法九条の会1 高野弘幸 2017-10-12 8
3580 みやぎ憲法九条の会2 高野弘幸 2017-10-12 8
3579 みやぎ憲法九条の会3 高野弘幸 2017-10-12 8
3578 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-12 13
3577 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-11 16
3576 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-10 24
3575 中井久夫「治療文化論」 高野弘幸 2017-10-09 20
3574 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-09 13
3573 英訳「この道より」武者小路実篤 高野弘幸 2017-10-09 17
3572 生駒山に登る 高野弘幸 2017-10-08 21
3571 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-08 32
3570 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-07 27
3569 今日の聖句画像 三島浩昭 2017-10-07 16
3568 過労死白書 高野弘幸 2017-10-06 32
3567 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-06 32
3566 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-05 31
3565 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-04 31
3564 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-03 23
3563 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2017-10-02 49
12345678910,,,120
 
     
  〒659-0012 兵庫県芦屋市朝日ヶ丘町 10-35-504
TEL:090-3945-3373 / FAX:0797-38-6868
Copyright(c)2013 レホボト・ジャパン All rights reserved.