掲示板 (ご自由に投稿)
掲示板
投稿者 高野弘幸
作成日 2019-04-09 (火) 20:30
ㆍ照会: 458  
Antholigy of English translation(6)

  

雨ニモマケズ                                                宮沢賢治(18961933



雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ(いか)ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ

小サナ(かや)ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイイトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ



NEVER BE BEATEN BY THE RAIN         Kenji Miyazawa

Never be beaten by the rain

Never be beaten by the wind

He has a storong body never be beaten by the snow

Never be beaten the heat in summer

He does not have avarice

He never gets angry

He always smiles gently

He eats handful of brown rice, miso and a little vegetable a day

He looks at everything well

Hears and understands everything well

Never takes account of himself

Never forgets them

In a little hut made by thatch, he lives in the shade of pine grove in the field

The East, if there is a sick child

He goes there, looks after the child

The West, if there is a tired mother

He goes there, carries her rice bundle on his back

The South, if there is a dying person

He goes there, says «Don’t be afraid »

The North, if there is a quarrel or suit

He goes there, says « Stop ! That is worthless »

He sheds tears when it is drouth

He walks worrying when it is cold in summer

He is called good-for-nothing by everybody

He isn’t praised

He isn’t worried

Such a person I want to be

 

                 島崎藤村(18721943
まだあげ初めし前髪の

林檎のもとに見えしとき

前にさしたる花櫛の

花ある君と思ひけり

 

やさしく白き手をのべて

林檎をわれにあたへしは

薄紅の秋の實に

人こひ初めしはじめなり

 

わがこゝろなきためいきの

その髪の毛にかゝるとき

たのしき戀の盃を

君が(なさけ)に酌みしかな

 

林檎畑の()の下に

おのづからなる細道(ほそみち)

()が踏みそめしかたみぞと

問ひたまふこそこひしけれ

 

My first love           Toson Shimazaki

When I saw your forelock for the first time dressed up

Under the tree of apple

I thought you were like the flower

On your forelock you put comb of flower

 

At the time you reached out your white tender hand

An apple, you gave

By fruit in Autumn pare red

It is the begging of my first love

 

When my rude sigh

Blew on your hair though

I drew happy love wine glass

By your kindness

 

Under the tree in apple field

Narrow way by itself made

Who’s steps began to left behind ?

It is very lovely,You asked

 

この道より              武者小路実篤(18851976

この道より

我を生かす道なし

この道を歩く。

This way                        Saneatsu Musyanokoji

No other way

Except this way that makes the most use of me

I walk this way



題のない歌              萩原朔太郎(18861942

南洋の日にやけた(はだ)か女のやうに

夏草の茂ってゐる波止場(はとば)の向うへ ふしぎな(あか)()びた汽船がはひってきた

ふはふはとした雲が白く立ちのぼって

船員のすふ煙草のけむりがさびしがつてる。

わたしは(うづら)のやうに羽ばたきながら

さうして(たけ)の高い野茨の上を飛びまはった

ああ 雲よ 船よ どこに彼女は航海の(いかり)をすてたか

ふしぎな情熱になやみながら

わたしは沈黙の墓地をたづねあるいた

それはこの(くさ)(むら)の風に吹かれてゐる

しづかに 錆びついた 恋愛鳥の木乃伊(みいら)であつた。



A song no title                         Sakutaro Hagiwara

By the sun of the South Sea, like the naked girl got tanned

Where is growing thick summer grass in the distance

A mysterious rusty steamship came in, it was red

White fleecy cloud rose

Feels lonely the smoke of sailor’s cigarette.

My wings like a quail, I flapped

Then I flew above the high briar

Ah, Clouds, ship, where did she throw away her cruising anchor?

While I was worry about mysterious ardor

I walked around and visited a silent graveyard

It was, blew in this tuft of grass wind

A mummy of a quietly rusted love bird.



太陽                  西脇順三郎(1894~1982

カルモジインの田舎は大理石の産地で

其処で私は夏をすごしたことがあった

ヒバリもいないし 蛇も出ない

ただ青いスモモの藪から太陽が出て

またスモモの藪へ沈む

少年は小川でドルフィンを捉えて笑った



The Sun                             Junzaburo  Nishiwaki

The countryside of Carmodine is a marble producing place

I had a long summer a t that place

There is no lark and no snake

The sun comes out just from the blue plum tree

Again it sinks into the bush of the plum tree

The boy laughed by grinning the dolphin in the stream

番号     タイトル  投稿者 作成日 照会
4304 夜空のフォーカシング(全) 高野弘幸 2019-06-29 301
4303 夜空のフォーカシング(2) 高野弘幸 2019-06-20 152
4302 夜空のフォーカシング(1) 高野弘幸 2019-06-19 51
4301 改編 ファンタジーの文法Ⅱ 高野弘幸 2019-06-12 191
4300 ファンタジーの文法Ⅱ 高野弘幸 2019-06-08 121
4299 ファンタジーの文法 高野弘幸 2019-05-25 228
4298 憲法から拷問禁止の「絶対」が消える? 高野弘幸 2019-05-02 384
4297 Antholigy of English translation(6) 高野弘幸 2019-04-09 458
4296 永遠の旅人 高野弘幸 2019-04-07 101
4295 今日のみことばとわたしの祈り 高野弘幸 2019-04-01 183
4294 ベツレヘムの星 高野弘幸 2019-01-22 1382
4293 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2018-11-21 1545
4292 カルロス・ゴーンはなぜ収入をごまかしたのか 高野弘幸 2018-11-20 174
4291 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2018-11-20 153
4290 「まだ仕事、学校に泊まる」 教頭自殺、妻へ最後の電話 高野弘幸 2018-11-19 166
4289 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2018-11-19 141
4288 推理小説を読みながら 高野弘幸 2018-11-18 144
4287 「安保反対」は「反日思想」? 高野弘幸 2018-11-18 150
4286 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2018-11-18 143
4285 訂正 獅子文六「食味歳時記」 高野弘幸 2018-11-17 147
4284 学校現場におけるICT環境の構築、運用、利活用に関する調.. 高野弘幸 2018-11-17 140
4283 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2018-11-17 151
4282 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2018-11-16 154
4281 映画「マディソン郡の橋」 高野弘幸 2018-11-15 166
4280 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2018-11-15 142
4279 獅子文六「食味歳時記」 高野弘幸 2018-11-14 151
4278 犠牲者たちの教室 高野弘幸 2018-11-14 138
4277 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2018-11-14 143
4276 今日のみことばと私の祈り 高野弘幸 2018-11-13 152
4275 白馬岳の思い出 高野弘幸 2018-11-12 144
12345678910,,,144
 
     
  〒659-0012 兵庫県芦屋市朝日ヶ丘町 10-35-504
TEL:090-3945-3373 / FAX:0797-38-6868
Copyright(c)2013 レホボト・ジャパン All rights reserved.