イベント案内
超教派的イベント集会、企業バザー、チャリティー
投稿者 高野弘幸
作成日 2015-02-11 (水) 19:41
ㆍ照会: 1148  
「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会


Article 9 of the Japanese Constitution” · 賛同者:72,345

 

キャンペーンについてのお知らせ

署名数の報告とシンポジウムのお知らせ

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会 Executive Committee for “The Nobel Peace Prize for Article 9 of the Japanese Constitution”

2015211皆様へ
いつもご賛同・ご支援・ご協力心から感謝申し上げます。
シンポジウムのお知らせ 
「今年こそノーベル平和賞を!平和憲法を守り、活かし、広めよう」
2015
212日(木) 18001920 衆議院第一議員会館 地下一階 大会議室  ※17時半~衆議院第1議員会館の受付ロビーで通行証を配布いたします。
発言者:
ジャン・ユンカーマンさん
辻公雄さん
推薦人各党代表の国会議員他
チラシを添付させていただきました。ブログはこちらです。http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/2015/02/blog-post.html 
皆様のお越しをお待ちしております。
署名数をノルウェー・ノーベル委員会に2/1報告いたしました。
たくさんの皆様のご協力によりまして、201521日時点で、書面411,811筆、ネット署名75,216筆 合計通算487,027筆を報告し、
ノルウェー・ノーベル委員会に推薦状の補足資料としてお受け取りのお願いをいたしました。
2/4
現在 推薦人は国会議員を含む84名です。(集約中です)
詳しくはブログをご覧ください。
http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/2015/02/9.html
●2015
年度も「日本国民」として取組みをすすめる意味
http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/2015/02/2015.html
1
:戦争しない憲法9条を70年近く保持しているのは「日本国民」
 私たちは、世界に先駆け、徹底した戦争の放棄を定めた憲法9条を戦後70年近く保持しているという事実だけでも十分に素晴らしい事であると考えています。そして、意見が分かれ、激しい攻防を繰り返しながらも、戦争しない憲法9条を保持しているのは、一部の国民ではなく、「日本国民」です。「日本国民」を一つの団体としてとらえました。
2
:1人1人が主権者として、自分のこととして日本国憲法はすべての国民の憲法です。「日本国民」1人ひとりがノーベル平和賞候補になる事により、主権者として、当事者として、憲法9条に向き合い、学び、考え、語り合っていきたいと考えました。さらには9条の理想を実現していくために、それぞれができる一歩を踏み出していくことを願っています。
3
:受賞対象を特定の護憲の人や団体に絞らない
 私たちは、戦中戦後、自主的に戦争の悲惨さと平和の大切さを語り継いできてくださった名もなき多くの人々に光が当たってほしいと願っています。また、憲法9条を守ろうと、たくさんの人やたくさんの団体がそれぞれ日々努力し活動していることを知っています。そのため、あえて、特定の人や団体を候補に絞らないと決めました。
4
:考え方の違いはあってもみんな平和を実現するために共に歩むかけがえのない大切な仲間です。
 武力を必要とし、改憲を主張する人たちも、心の中で戦争のない世界であってほしいと願っているのは同じだと信じています。時に改憲を主張する人たちの投げかけは、9条の理想を現実のものとするために克服すべき課題を浮き彫りにしてくれると考えます。だからこそ、いろんな考え方の人を含めた「日本国民」みんなが平和を実現するために共に悩み、共に歩んでいるかけがえのない大切な仲間だと思っています。
5
9条に光が当たることを願って
 主権者である「日本国民」の運動の盛り上がりが9条関連のすべての候補を応援することになると考えます。今年度、「日本国民」以外の、9条に関連する人や団体が多く推薦されたことを心より喜び、応援しています。だれが受賞するかは問題ではなく、私たちは、9条が世界に知れ渡り、9条に光が当たることを願っています。
6
:「日本国民」は前年度の正式なノーベル平和賞候補として登録されています。
 20144月、「日本国民」の推薦に対してノーベル委員会より、推薦が有効な場合に送られる受理通知を受け取っています。 ノーベル委員会は、「日本国民」を団体として認め、ノーベル平和賞候補とてくださっています。20149月には、ノーベル委員会から、2015年度の推薦についての招待状が届いています。
「日本国民」は2014年度(前年度)ノーベル平和賞候補として正式に登録されています
http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/2015/01/blog-post.html
【 受賞対象について 】
実行委員会は、受賞対象を「日本国民」とし、「日本国民」を一つの団体としてとらえております。個々人の9条への賛否に関わらず、主権者である「日本国民」として、9条を「その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」とする国の最高規範(参照:憲法98条)である憲法として、実際に70年近く保持し続けているという事は、客観的事実です。
そして、20144月、「憲法9条を保持している『日本国民』」の推薦に対して正式な受理通知(Confirmation of receipt of your nomination letter - The Nobel Peace Prize 2014) を受け取り、2014年度のノーベル平和賞候補となりました。受理通知(Submission Confirmation)は、推薦が有効である場合に送られると公式ホームページに説明があります。そしてさらには9月、ノーベル委員会から各推薦人の先生方や実行委員会へ2015年度の推薦についての招待状が届いていることを重く受け止めております。
Submission Confirmation
A letter or e-mail confirming the receipt and validity of the submitted nomination is normally sent out within a couple of months of the submission deadline. http://www.nobelprize.org/nomination/peace/
 
また、ノルウェー・ノーベル委員会から「一人の推薦人が複数の候補を推薦出来る」という連絡をいただいております。推薦人の先生方には、複数推薦していただくことが可能である事をお伝えし、「日本国民」以外にもふさわしいと思われる個人や団体の推薦につきましてはご判断にお任せしております。
最近、9条の会など、特定できる団体や個人を推薦する動きもありますので、「日本国民」としての推薦が、共同受賞も含め、同じ9条を掲げるそれらの推薦を応援し、下支えしていくという意味合いもあると考えています。
私たちは、受賞対象を「日本国民」とすることで、主権者として、国民一人一人が憲法9条、ひいては戦争と平和の問題を自分の問題としてうけとめ、考え、語り合い、行動をおこしていく契機となり、国内、アジア、世界に向けて連携と連帯の和が広がることを願っています。
以上のことをふまえ、受賞対象を「日本国民」として、「憲法9条を保持している日本国民にノーベル平和賞を」の取組を2015年度も続けていきます。
最後にわたしたちの願いは、世界の人々が、不戦を誓う9条の精神を共有し、手をつないでいくことです。
世界の平和を願う1人ひとりの小さな声と力を合わせて頑張っていきましょう。
           「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会
 

 

番号     タイトル  投稿者 作成日 照会
267 まちかどサロン「ほっぽ」by 大阪希望館 高野弘幸 2015-04-08 1387
266 教皇フランシスコの挑戦 高野弘幸 2015-04-08 1503
265 宗教者平和対談 高野弘幸 2015-04-08 1364
264 海外で戦争する国にするの? 高野弘幸 2015-04-08 1066
263 映画「ママの約束」原発ゼロで見つけた本当の豊かさ 高野弘幸 2015-04-08 1215
262 武力によらない平和を!キャンペーン 高野弘幸 2015-04-08 1114
261 新生の原点 教会とは-現実のただ中で- 高野弘幸 2015-04-08 1103
260 ミンダナオ図書館子ども便り 高野弘幸 2015-04-08 1158
259 親愛なるBLA・VIP関係者の皆様へ 管理者 2015-04-06 1231
258 戦後70年カメラマン 大城弘明×山城博明 写真展 高野弘幸 2015-04-03 1337
257 Eメールニュース「みやぎの九条」    NO198 高野弘幸 2015-04-01 1265
256 震災のための祈りのリレー49ヶ月目プログラム 再送 高野弘幸 2015-03-31 1162
255 震災のための祈りのリレー48ヶ月目プログラム 高野弘幸 2015-03-31 1070
254 【講演会】憲法と沖縄~戦後70年の内実を問う 高野弘幸 2015-03-27 1132
253 リディアの「ジュエリー展」3月27日〜4月7日(金) 管理者 2015-03-23 1060
252 沖縄タイムス 辺野古抗議集会 高野弘幸 2015-03-20 1094
251 ピース9の会お知らせ 高野弘幸 2015-03-18 982
250 震災のための祈りのリレー49ヶ月目 高野弘幸 2015-03-16 1145
249 みやぎ憲法9条の会Eメールニュース 高野弘幸 2015-03-14 1426
248 子ども企画展「沖縄戦の絵―体験者が描く地獄の戦場―」 高野弘幸 2015-03-13 1064
247 「九条の会」メールマガジン 高野弘幸 2015-03-10 1031
246 映画「クロンビ~風が吹く~」 高野弘幸 2015-03-08 1249
245 震災のための祈りのリレー48ヶ月目プログラム 高野弘幸 2015-03-07 909
244 ピース9の会よりお知らせ 高野弘幸 2015-03-02 1016
243 さようなら原発1000万人アクション実行委員会 高野弘幸 2015-03-02 1169
242 神戸バイブル・ハウス(KBH)「キリ世界セミナー」ご案内 管理者 2015-02-27 1078
241 Eメールニュースみやぎの九条 高野弘幸 2015-02-27 1291
240 ピース9の会よりお知らせ 高野弘幸 2015-02-24 1003
239 震災後48ヶ月目の祈りのリレー 2 高野弘幸 2015-02-21 1199
238 震災後48ヶ月目の祈りのリレー 高野弘幸 2015-02-19 1110
1,,,11121314151617181920,,,27
 
     
  〒659-0012 兵庫県芦屋市朝日ヶ丘町 10-35-504
TEL:090-3945-3373 / FAX:0797-38-6868
Copyright(c)2013 レホボト・ジャパン All rights reserved.